2007年07月02日

武士道

「加賀鮎毛鉤展」を見てきました
江戸時代加賀の前田藩は鮎釣りを奨励したそうです
釣り方は武士道に則って「鮎と正々堂々と向き合うため毛鉤を使った」そうで、今でも友釣りではなく毛鉤釣りが主流になっています
会場は昔は中学校の校舎だった「金沢くらしの博物館」で入場は無料。日曜日なのにお客さんはわが家だけ
金沢はこれに限らず美術館や博物館、ミニギャラリーなどが充実していますがちょっと中心から離れると人の流れが少ないです。見るにはいいですがちょっと寂しいような
さて鮎毛鉤は初めてじっくり見ましたが、フライで言えば極小のソフトハックルという感じです
金箔のビーズの下に蓑毛が付いて、赤や黒のボディーが巻いてあります
針はバーブレスですし、かなりフライっぽい
070701.1.jpg
面白いのは毛鉤の名称。「心酔」なんていうのがあれば「青ライオン」などとモダンなものも
070701.1.jpg
巻き方は小さなバイスを左手のひらに握って右手で巻いているようです
フライフックなら#20以下なのでかなり細かい作業です
釣り方はのべ竿に短い道糸、その先の天秤おもりのしたに毛鉤。竿を上下させて毛鉤を泳がせ、鮎が飛びついたら継ぎ竿を一本ずつ短くしていって取り込んだそうです
今はズーム竿があり和竿は廃れてしまったということでした
070701.3.jpg
この加賀毛鉤の起源には諸説有るようですが、その一つにイギリスのフライもあるそうです
加賀の商人、銭屋五兵衛が密輸入したなんて話もあるそうです
案外日本のフライフィッシングの原点は日光ではなく、金沢かも知れませんね
機会があったら鮎も釣ってみたいですが、入漁券が高いしなあ
posted by taro at 12:56| 石川 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | フライフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本の伝統鮎釣方の一つ、どぶ釣りですね。
土佐針、加賀針....私も直に見てみたいものです。
Posted by amago_fish at 2007年07月05日 00:39
面白い記事ですね。行ってみたくなりました。
毛鉤箱に巻いてあるのはテグスのようですが
何を使用してるんでしょう?
シルク?馬の毛?
Posted by Deco at 2007年07月05日 12:06
amago_fishさん、いらっしゃい
伝統釣法はけっこう各地に有りますが、金沢の人は皆この釣り方を守っているようです
ドブ釣りがメインのようですが、ウキをつけている人もいるのでフライでも行けそうな気がします
こちらの夏の渓流はオロロで全滅なので、犀川あたりを覗きに行ってみます

Decoさん
日光のゴロ蝶に比べると遥かに繊細な毛鉤です
色合いとか形とかはロイヤルコーチマンをソフトハックルにした感じで夏の渓流でも使えそうです
尺が掛かったら針が伸びそうですが
何よりハンドタイイングと言うのが興味あります
これができれば川でも補充ができますよね
金沢には毛鉤専門店が有るので一度覗いてみようと思います
テグスはチャイナシルクだそうです
以前釣り人が言っていたのは、赤ちゃんの髪の毛に勝るものはないそうです
しかも女の子がいいとのことで、わが家にも「マテリアル」がありますので試してみますか
Posted by taro at 2007年07月05日 13:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46436461

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。