2014年03月19日

大長山は長大なウロコ散歩

ザラメシーズン到来、ステップソールで遠くまで
1781699_10203620948631392_1553344572_o.jpg朝の冷え込みはたいしたことないですが、昨日の雨のためかつぼ足トレースだらけの取立山まではガッチガチ。
人もストックも滑落するなど…怖い怖い

クトーも刺さらない場所もあり元気な人はつぼ足で
1912072_10203620949111404_193517612_n.jpg
勝山の町をバックに

雪が良ければ1時間半の所を2時間半かかって取立山1904257_10203620962991751_1284376915_n.jpg
雲は多めですが雨の後で空気洗われたのか白山くっきり
シールのまま取立平へ下りてずんずん進む
1966681_10203620966431837_394841084_n.jpg
霧氷もちょっと残ってた

板谷の頭まで少々アップダウン、標高差100mほど下りて鉢伏山までは急登
雪は緩み始めますが無木立斜面は風が当たってまだまだカチカチ
1957690_10203620965991826_1815710713_o.jpg
鉢伏山手前。顔をふとあげると白山が視界に入る素晴らしい散歩道

鉢伏山より大長山(一番右のピーク)
1939765_10203620967671868_1061670613_o.jpg
どこ登るの?って感じでしたが、標高差150m下って真ん中の樹林が切り開かれたような沢を上がっていくと
1658132_10203620970711944_348087046_o.jpg
真ん中当たりで左に折れて広い谷になった
斜度も適度で雪庇も発達してなくて安心して谷を詰める
風がないので酷暑の登り
稜線に出ると白山から石徹白までの大パノラマ

国道から5時間で大長山1671m
1669973_10203620971591966_1863622980_o.jpg
白山登る時に見える北東側の斜面は巨大雪庇のクラックが入って恐ろしい

風も弱く穏やかな山頂でやっとシールを剥がして登路を下りましょう
適度に緩んだザラメですが板の走るところと走らないところがめまぐるしく変わる春らしい雪
広い谷を当て込みながら下りるがウロコ板は失速してしまうなあ
10004068_10203620973832022_1468292787_n.jpg
樹林帯まで下りてお昼
この下のパイプ沢は面白かった

鉢伏山へはシールはって登り返し
10005944_10203620974592041_2100680340_o.jpg
板谷の頭へはウロコで戻った
1939652_10203620976432087_974152016_n.jpg
最後の取立への登り、バテバテです。
フラットソールなら大長から5回シール張り直さなければならないのでまだ楽した方なのかな
取立手前から日が陰って気温が下がったようで腐りかけた雪が再び締まりザラメ化
九十九折、林道とショートカットして最後は杉林から直接車の上に15:20下山

長かったけどとっても充実の1日となりました

posted by taro at 23:00| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレマーク2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。